【東京オリンピック】新国立競技場の完成画像と予算は?サッカーやラグビーと収容人数は?

新国立競技場 画像
東京五輪が決まり、
新国立競技場の建設も進んでいます。

新国立競技場の完成図は気になりますよね。

また、動画イメージも見つけました。

実際にどれだけの予算がかかるのか、
いつ頃完成するのか。色々と調べてみました。

Sponsored Link

 

新国立競技場の画像や詳細は?

まず新国立競技場が完成したら
内容はこんなイメージになります。
新国立競技場の完成画像と予算は?

ものすごくワクワクしますよね。

イラクの建築家ザハ・ハディド氏
新国立競技場デザインが採用されました。

また、イメージ動画もありました。

全体的に3Dで見ることができます。

 

Sponsored Link

 

こちらに新国立競技場の
具体的な詳細が書かれていました。
オリンピックのメイン会場詳細はこちら

上記サイトにも書かれていますが、
総工事費は1300億円で収容人数は8万人です。

しかも当初の1300億円から
更にかかるかもしれないと危惧されています。

デザイン通りに作ると
約2000億円かかるようです。

予算は大丈夫なのでしょうか(汗)

サッカーやラグビーも新国立競技場?

新国立競技場はメインスタジアムになります。

開・閉会式やサッカーや陸上、
ラグビーもここで行われます。

完成は2018年になっています。

近未来的な外観が目を惹きます。

1964年の東京オリンピックのように
活気溢れる日本にしてもらいたいです。

こちらの記事で東京五輪について
詳しく解説してあります。
東京五輪2020の関連銘柄と経済効果影響!復興と放射能でデメリット?サッカー会場は?



Sponsored Link


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?
もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す




*