スーパーセル・竜巻の前兆は?身を守る方法とメカニズムとは?

スーパーセル
本日埼玉でスーパーセルか竜巻が
発生した恐れがあるという
情報が入ってきました。

少なくとも63人がケガをして
一人は重症だそうです。

いつ起こるかわからない竜巻なので
しっかりと自分の身は自分で守りたいですよね。

そんな方の為に、竜巻の前兆や身の守り方を調べてみました。

Sponsored Link

 

【スーパーセル・竜巻の前兆は?】

『9月2日の竜巻』

竜巻などのメカニズムについてです。

強力な竜巻はスーパーセルという
特殊な積乱雲によって起こります。

こちらに前兆のイラストがあるので
軽くご覧下さい↓
竜巻の前兆ポイントはこちら

上のサイトにも書かれていますが
距離によって以下前兆が起こります。

 

Sponsored Link

 

■竜巻が遠くの場合。
雷鳴が聞こえる、乳房雲が雲底に見える、かなとこ雲が広がってくる。

■竜巻が近い場合。
においを感じる、冷たい風を感じる、落雷、壁雲が見えるなど。
アーククラウドも見えます。

ちなみにアーククラウドとは
アーチ状の積雲のことです。

■竜巻が目前に迫った場合。
耳鳴りがする、ゴーという音がする、地上の渦が見える。

とにかく空などが普通ではないと思ったら
すぐに避難することをオススメします。

特別警報が発表されたらすることと意味は?最大であり最後の警告!すぐに避難!

 

【スーパーセル・竜巻から身を守る方法は?】

上記のサイトに身を守る方法も
若干載っていたので参考にして下さい。

もし外にいた場合は走って逃げないこと。
人間の足では逃げ切ることができません。

逃げ切れないくらい近くにいた場合は
頑丈な建物に入り、窓から離れるのがいいです。

竜巻は必ず前兆があるので、
まずはそれに気づいて早めに逃げることです。

毎時数10kmという速さです。

車と同レベルの速さの場合が多いです。

南海トラフ地震や3.11災害を予知した2062年の未来人とは?

屋内にいた場合は、
確実に窓ガラスなどには近づかないこと。

トイレやバスタブなどは
かなり安全な部類に入るのでオススメです。

海外などではこのような
竜巻も起こるので日本でも油断はできません。

地震が起きたらすること!前兆や保険や防災グッズは?南海トラフ予言と霊視



Sponsored Link


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?
もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す




*