夏バテの症状、原因と対策。熱帯夜による睡眠不足?

夏バテ
暑くなってくると夏バテが心配ですよね。

エアコンに当たりすぎたり、
熱帯夜で寝られないとなりやすいです。

夏バテになるとやたら無気力感が
増幅するような気がします。

そんな無気力人間にならない為にも
対策などを調べました。

Sponsored Link

 

 夏バテの原因とは?

夏バテの基本的な症状は、
全身の倦怠感と疲労感です。

以下のことが原因で起こりやすいです↓

 

【室内外の温度差】
暑い屋外からエアコンでキンキンに冷えた室内に戻ったとき、
急激な温度差により人は体力を消耗してしまいます。

また、それが原因で自律神経が狂い始め、
胃の不調や全身のだるさや食欲不振を起こします。

更に、高温や多湿が続くと発汗が難しくなり、
体温調節もうまくできなくなります。

 

【睡眠不足】
熱帯夜が続いて寝不足になると
疲労を回復することができず、
疲れが翌日まで残ってしまいます。

そして疲れがとれない日が続いて睡眠不足になり、
自律神経がおかしくなり、更に眠れなくなる。

だるさや疲労感がずっと付きまとい
負の連鎖の始まりです。

 

【偏った食事】
食欲がなく冷たいものや
麺類しか食べなくなる。

これにより栄養が偏り、
更に夏バテを促進させます。

 

 夏バテの対策方法は?

夏バテは対策をすることで
意外と防ぐことができます。

以下はその方法です↓

 

 室内外の温度差が激しいときは?

 エアコンの温度を調節して下さい。

室内と外との気温差が5℃以上になると、
自律神経が乱れやすくなり、体調を崩してしまいます。

エアコンの温度はこまめに調節してください。

本来なら除湿だけで過ごすのが理想ですが、
冷房する場合はなるべく28度以上を目安にして下さい。

自分でエアコンの温度を変えられない職場などでは、
風が直接当たらないように調節したり、
カーディガンや長いパンツなどで工夫しましょう。

足にブランケットなどをかけて
体が冷えるのを防ぐのもオススメです。

また、暑い日はシャワーで済ますのではなく、
ぬるま湯でもいいので湯船にしっかり浸かること。

 

Sponsored Link

 

 睡眠不足で疲れがとれないのですが?

 ぬるま湯に入って早めに寝ること。

早めの就寝時間を守ること。

だいたい寝る30分~1時間前にぬるま湯に入るといいです。

ぬるま湯にゆっくりと入ることによって
リラックス効果もあり、ほてった身体を冷ましてくれます。

また、熱帯夜で眠れないときは
冷房を使うにしても28度以下にはしないこと。

冷風が直接身体に当たらないようにすると直いいです。

冷風が直接当たってしまうと
脳が「カラダ、ヒエタネ」と勘違いして
体温を上げようとエネルギーを使ってしまうようです。

冷房がどうしても嫌な人は
扇風機を使いつつ、頭部を氷枕で冷やす
早く寝付けるそうです。

オススメなのは、熱を出した時に使うアイスノンです。

使い方は枕にのせてタオルを巻きます。

頭がひんやりとして
気持ちよく寝られます。

ベッドなども固めのほうが
背筋が伸びて身体にはいいらしいです。

最近では寝ござを使っている人も多いです。

それと知り合いから聞いた方法ですが
ペットボトル(2リットル)に水を入れて
凍らせたものを3~4本ほど作ります。

できあがったペットボトルを
バケツに立てておくと
空気がほどよく冷えるそうです。

 

 食欲がない場合は?

 辛いものや酸味のある料理を食べること。

やはりスタミナがつくものや
辛い食べ物、酸味のある食べ物がいいです。

こちらの記事で、夏バテに効く料理を紹介しています。
⇒夏野菜などで夏バテ予防対策!あっさり料理レシピ

【ビタミン】
夏野菜
夏野菜にはビタミンが豊富なものが多いので、
夏バテには効果があります。

トマト、ピーマン、枝豆、キュウリ、カボチャはもちろん
オクラや長芋などのネバネバ系も、疲れをとってくれます。

意外にも豚肉もビタミンが多いので
夏バテに効果的です。

【タンパク質】
うなぎ

スタミナにはウナギが最高ですね。

ちなみにウナギには
タンパク質・脂肪・ビタミンABが含まれており、
夏場に不足しがちな栄養を補ってくれます。

更にEPA(エイコタペンタエン酸)や
DHA(ドコサヘキサエン酸)も含まれており
記憶力を向上させる効果があります。

【クエン酸】
クエン酸

夏バテにはクエン酸が効きます。

クエン酸を多く含む食品は、
梅干し、お酢、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類です。

特に梅は最強のクエン酸食材です。

殺菌効果と整腸作用が強く、食中毒を防ぎ、
消化をよくして便秘の解消にも効果があるのです。

 

以上の事から、
夏は食欲が全然湧かなくても何か食べる事です。

お茶漬けはスルスル食べられるので
病みつきになります。

どこかで聞いた言葉ですが、
「暑い時期には暑い国の料理、寒い時期には寒い国の料理」
がいいそうです。

夏バテだけではないですが、
しっかりとした睡眠と適度な運動、
規則正しい食事が大事ですね。



Sponsored Link


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?
もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す




*