イベント

海水浴でサメに襲われたら!?遭遇しない為には?撃退方法は?

サメ 画像
夏の暑い日は海水浴に行きたいですよね。

海水浴に行くときに誰しも頭によぎること、
「サメがいたらどうしよう」です。

基本サメに遭遇する確率は
ほとんどないです。

飛行機が墜落するとかそういうレベルです。

サメがたくさんいる海域は例外ですが。

そこでサメに出会ったときの対処法をまとめました。

 

サメに襲われたら?

サメに襲われそうになった場合の
対処方法または遭遇しない方法9つをまとめました。



1.【夜明け、夕方、夜間の海での遊泳を避ける】
一部のサメが狩りを始める時間だと言われています。

 

2.【体に傷があったり、生理中は海に入らない】
あまり気にならない傷でも、血がでている場合は危険です。

少量でも血が流れれば、
サメは何キロ離れていようと嗅ぎつけてきます。

また、水中で怪我をした場合はすぐに海から出ましょう。

 

3.【海中でおしっこをしない】
これも血と同じで、サメが臭いを嗅ぎつけてきます。

 

4.【キラキラ光る金属をつけない】
キラキラ光る金属は、魚の鱗の輝きに似ているので、
サメが近づいてくる可能性があります。

また、肉食魚に襲われることもあります。

 

[ad#co-1]

 

5.【サメのいる海域や縄張りに入らない】
現地の人にサメが出現するか訊いてみましょう。

サメが出るのに海に入って襲われる例が多いようです。

サメには縄張り意識を持っている種類もいます。

ダイバーが縄張りに入ると、
体をくねらせ異常な行動をとって威嚇してきます。

威嚇してきたらその後、攻撃をしかけてくるので、
すぐにその場から立ち去りましょう。

 

6.【河口、湾口、水深が急激に深い場所では泳がない】
海底が水路みたいになっているところは
大型のサメがいる可能性が高いです。

大型のサメは非常に危険で
出会ったら撃退が難しいので気をつけましょう。

 

7.【サメが向かってきたら鼻パンチ】
目あるいはエラか鼻面をつかむかパンチしましょう。
サメの敏感な部分なので、びっくりして逃げるそうです。

 

8.【市販のサメ対策グッズを使う】
様々な種類がありますが、
100%安全なものはないです。

サメ撃退装置は弱いパルス状の電磁波を発しますが
捕食行動中のサメには通用しない場合もあります。

今のところサメに効果的な撃退装置は
開発されていないようです。

カメラのフラッシュでも逃げていくようです。

 

9.【サメに噛まれたら目を狙う】
もしサメに噛まれてしまったら
サメの目に指を入れてください。

びっくりして歯を放すかもしれません。

また、サメに噛まれた場合、
どんなに傷が小さくても病院に行ってください。

経験者の話では、サメの口は破傷風菌が多く
感染の危険があるようです。

 

地震が起きたらすること!前兆や保険や防災グッズは?南海トラフ予言と霊視

とにかくもしサメと出会ってしまったら、
パニックを起こさないことです。

出会うことはほとんどありませんが、
大人数で行動するようにしましょう。