熱中症と熱射病の応急処置方法!食べ物と飲み物で事前予防

熱中症
夏は何かと外に出る機会があり、
太陽に当たる事が多くなります。

そこで気をつけたいのが
熱中症や熱射病ですよね。

家族や友達が熱中症になったら、どう対処すればいいのか。

応急処置の方法などを調べて見ました。

Sponsored Link

熱中症って何?

■高温多湿の環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れる。

■体内の調整機能がうまく働かず、熱がたまり体温が急上昇すること。

■症状は大量の発汗・めまい・頭痛・筋肉痛・吐き気・倦怠感など。
(参照:厚生労働省)

重症になると重度の意識障害が起こり、最悪の場合死に至ります。

高齢者や乳幼児は特に注意が必要です。

熱中症には4つの種類があり
ここでは4つのレベルに分けます。

レベル1【熱痙攣】(ネツケイレン)
足や腕や腹部の筋肉に、痛みを伴った痙攣が起きます。
炎天下で長時間の運動をして、大量に汗をかいたときは起こりやすいです。

レベル2【熱失神】(ネツシッシン)
めまい・立ちくらみ・失神などが起こります。
顔色が真っ青になる。呼吸が速くなる。唇も若干しびれることもあります。

レベル3【熱疲労】(ネツヒロウ)
脱水が主な原因で起こります。
めまい、のどの渇き、脱力感、頭痛、吐き気、嘔吐などがみられます。

レベル4【熱射病】(ネッシャビョウ)
意識障害(反応が鈍い、言動が変、無反応)、
頭痛、吐き気、手足の震えなどが起こります。
また、最初はすごい汗なのですが、
次第に汗が出なくなってきます。

一番恐ろしいのはレベル4の熱射病です。

全身の臓器の血管がつまり、脳や心臓や肺などの
各種臓器が機能障害を起こし、死亡率もハネ上がります。

 

Sponsored Link

 

熱中症の応急処置

家族や友達が熱中症になった時を想定します↓

【熱痙攣時】
スポーツドリンクか生理食塩水を
飲ませてあげて下さい。

【熱疲労・熱疲労】
風通しがいい場所や、涼しい日陰へ運ぶ。
衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給させてあげる。
足を高くするのも有効。

【熱中症】
風通しがいい場所や、涼しい日陰へ連れて行き安静にさせる。

身体を締め付けているアクセサリやバックなどを
外したり緩めたりして、衣服を脱がせて安静にさせる。

身体に水などをかけたり、冷たいタオルで全身を冷やす。
また、扇げる物で風を送る。
霧吹きなどがあればなお良い)
首や脇の下、太ももの付け根を直接冷やすのも効果的。
熱射病

救急車が来るまで、上記をしっかりと行って下さい。

熱中症はならないことが一番です。

熱中症に効く食べ物と飲み物があるので
そちらでしっかりと予防することが大事です。

こちらの記事で予防方法が記載されているので、
そちらもご覧下さい。
⇒熱中症予防の食べ物と飲み物



Sponsored Link


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?
もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す




*