甘酒の効能でむくみ解消!便秘やダイエットにも効く?レシピあり

甘酒 画像
冬は甘酒で暖まり、と
冬のイメージが強いですが、
実は夏もけっこう飲まれています。

甘酒には意外と知られていない
すごい効能があります。

そんな酒の効能とレシピを調べました。

Sponsored Link

 

甘酒の効能は?

甘酒はお酒のイメージが強いですが、
実は栄養満点の成分がたくさん入っています。

ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
パントテン酸
食物繊維
ビオチン
オリゴ糖
グルタミン
ブドウ糖

などの必須ビタミン群が豊富です。

あまり聞かない成分の名前もありますが、
要はものすごく身体に良いということです。

そしてなんと甘酒の成分は
栄養補給用の点滴と似ている成分なのです。

つまり、甘酒を飲むことによって
点滴と同様の効果が得られるのです。

飲む点滴といっても過言ではありません。

また、便秘やダイエット、夏バテにも効果があります。

一応甘酒には大きく分けて
2種類あります。

 

【米麹による甘酒】
米麹が元になっています。

砂糖などは入っておらず
米による甘みのみです。

ノンアルコールも多いです。

【酒粕による甘酒】
酒粕が元になっています。

酒粕をお湯に入れて溶かした中に
砂糖で味を調整します。

酒粕なので少量のアルコールが
含まれていることが多いです。

 

この両方を比べると、
米麹の甘酒の方が栄養が高いものが多いです。

便秘やダイエットに効果があるのは
米麹の方の甘酒になります。

 

むくみが簡単に解消できる方法!脚と顔がキレイに!?予防体操もあり

何故便秘に効くの?

甘酒に含まれる食物繊維やオリゴ糖は、
身体の腸内環境を整える効能があります。

他にも腸を整える食べ物の代表はヨーグルトです。

実は甘酒は海外でジャパニーズヨーグルト
呼ばれて大人気です。

 

Sponsored Link

 

ヨーグルトと同じで腸内環境を整えてくれるから
このような名前がついたのでしょう。

毎日飲むことを日課にすれば
整腸作用が向上します。

また、甘酒は体を冷やさないので
消化吸収が早く、弱っている内臓にも優しいです。

常温飲料や水は健康にいい!?コンビニで販売!ニーズは?熱中症対策にも

 

美容やダイエット効果は?

甘酒に含まれる成分は
美容効果もあります。

例えばビタミンB2は皮膚や粘膜を保護する働きがあるため、
皮膚を活性化させ美肌効果が期待できます。

レディーガガが激太りから激ヤセ!?公開スッピンが世界でヤバイと話題に!

また、コウジ酸は頭皮を若返らせる効果があり、
髪のダメージを修復したり美しい髪にします。

ダイエットには代謝を促進するビタミンB群が
たくさん入っているので肥満を抑える効果もあります。

更に夏バテにも効果があります。

夏バテの症状、原因と対策。熱帯夜による睡眠不足?

夏に不足しがちな水分や塩分、糖分などを補えます。

疲労回復に効果のあるアミノ酸も含まれているので
おやつ代わりに飲むのもいいですね。

夏野菜などで夏バテ予防対策!あっさり料理レシピ

 

甘酒のレシピは?

パンケーキ

むくみに効果のある甘酒レシピを見つけました。

【材料(4人分)】
ホットケーキミックス:150g
卵:1個
無調整豆乳 100ml
甘酒:150g
サラダ油:小さじ1
バナナ:1本
リンゴ:1/2個
シナモンパウダー:少々
発酵バター(なければ普通のバター):10g
はちみつ:大さじ2
ミント:適量

 

【作り方】
1.ホットケーキミックス、卵、豆乳、甘酒をボウルに入れ、混ぜ合わせる。

2.バナナは大きめに、リンゴは皮付きのまま薄めのくし形に切る。

3.熱したフライパンにサラダ油を薄くのばし、直径約10cmを目安に1を
流し入れて弱火で焼く。気泡が上がってきたら、
ひっくり返してもう片面を焼き、器に盛り付ける。

4.3のフライパンに発酵バターを加えて2をソテーし、
シナモンパウダーとはちみつをからめる。

5.ホットケーキに4をのせ、ミントを飾る。

(食材の教科書シリーズ『すべてがわかる!「発酵食品」事典』より抜粋)

 

ちなみに徳井が作る
⇒ハンサムパンケーキのレシピ公開はコチラです。

かき氷に甘酒をかけて食べるのも涼しそうです。

暑い夏こそ甘酒で乗り切りましょう。



Sponsored Link


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?
もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す




*