加瀬亮彼女と結婚しない理由?韓国人女優?性格と父親?

加瀬亮
劇場版SPEC結(クローズ)漸(ゼン)ノ篇
11月1日に公開されます。

SPECは戸田恵梨香さんと加瀬亮さんが主演し、
監督は「ケイゾク」の堤幸彦さんです。

瀬文焚流役の加瀬亮さんがですが、
彼女は誰なのでしょうか。

フライデーでは二股の記事も書かれていました。

また父親がすごすぎる人だったんです。

性格も含めて色々と調べてみました。

Sponsored Link

 

加瀬亮は同棲中?

加瀬亮 画像
まずは簡単にプロフィールを。

  • 名前:加瀬亮(かせりょう)
  • 生年月日:1974年11月9日
  • 血液型:B型
  • 学歴:神奈川県松陽高等学校⇒中央大学
  • 身長:174cm

加瀬亮さんは生後まもなくアメリカに渡っており、
7歳まで過ごしたと言われております。

アメリカに行ってたおかげか英語も堪能です。

映画アウトレイジのネイティブな発音は圧巻です。

大学の卒業前に先輩の舞台を見にいった所、
芝居の面白さに目覚めて役者になることを決めました。

その後、浅野忠信さんに憧れ、
手紙を事務所に送りました。

手紙がきっかけとなり、浅野忠信さんの付き人をすることになりました。

そして現在に至ります。

見た目は草食系なのですが、
昔は相当やんちゃをしていたそうです。

性格も自己主張が激しく
喧嘩もよくやっていました。

あるときにトラック運転手と喧嘩になり、
一方的にボコボコにされたようです。

そのときにこの世にはかなわない人もいると悟り、
無茶な行動はしなくなったそうです。

また、加瀬亮さんは現在女優の市川実日子さんと同棲しています。

市川実日子さんは、NHK大河ドラマ「八重の桜」にも出演しています。

実は2人は5年前から恋人同士で、
現状、入籍していないだけの事実婚みたいなものです。
市川実日子 画像

交際のきっかけはソフトバンクのCMで
共演したことでした。

かなりお似合いの2人なのですが、
何故加瀬亮さんは結婚しないのでしょうか。

まだまだ、俳優業に集中したいからなのかもしれません。

それか別の女性の存在があるからなのか。
性格が問題の可能性もありますね。

実は市川実日子さんと同棲しているにも関わらず、
他の女優との熱愛が報道されてしまったのです。

 

Sponsored Link

過去の恋愛相手?

加瀬亮さんは過去に戸田恵梨香さんと熱愛
スクープされていました。

良くある共演者との熱愛というやつですね。

また、元モーニング娘の
安倍なつみさんとも熱愛が噂されました。

しかしどちらの噂もすぐに消え、
また決定的な証拠もないためガセの可能性が高いです。

最近の発覚した熱愛スクープは、
韓国人女優のチョン・ウンチェさんとのデートです。
チョン・ウンチェ

加瀬さんは2014年公開のホン・サンス監督の新作映画で
2人は共演されており、単身で1ヶ月ほど韓国に滞在していたらしいです。

韓国といえばコチラの記事も。
チ・ジニは結婚してた!?妻と子供は?整形疑惑と出演作品ドラマは?

証拠の写真もありました。
加瀬亮とチョン・ウンチェお泊まり

優木まおみ旦那の年収は少ない!?本名が在日?整形とすっぴんは?

ただ、ここで問題があります。

加瀬さんはまだ、市川実日子さんと同棲中です。

てっきり破局したのかと思っていたのですが、
まだ一緒に住んでいます。

つまり、本当に単なるお友達なのか、
公認の浮気なのか、真相は不明です。

いずれにしろ浮気は確定だと思われますが。

父親が大物すぎる?

加瀬さんのお父さんは
加瀬豊さんです。
加瀬豊か

日本7大商社の双日の会長です。

双日の売り上げ額は2011年のデータで
総額約4兆円と言われています。

桁が違いますよね。

双日は日商岩井とニチメンが合併してできた会社です。

つまり加瀬さんは生粋のおぼっちゃまということになります。

同じお嬢様はこちら。
永谷まい(chay)は歌手ではなかった!?プロフと彼氏と姉が?永谷園?

しかし父親は加瀬亮さんの役者になりたいという思いに猛反対。

「役者になるなら縁を切る。親はいないと思え」

と言われたようです。

そのせいで加瀬さんはおぼっちゃまなのに、
貧乏生活をしていました。

この人もお金持ちです。
木村多江旦那と実家はお金持ちだった!?離婚で塚地?娘と夫画像なし

非常にもったいないですが、
安定した生活を捨ててまで役者になりたかったのですね。

実力派俳優として活躍する加瀬さんの今後に期待です。

 

父親というか家系が更にヤバイ人。
竹田恒泰の兄弟と家系図の裏とは!?過去に詐欺?華原朋美と結婚?



Sponsored Link


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?
もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す




*