木村多江旦那と実家お金持ち?離婚塚地?娘と夫画像なし

木村多江さんと言えばあのホラー映画「リング」の
貞子役が転機になったと言われています。

そんな木村さんですが結婚しているのですが、
旦那さんや娘について調べてみました。

また、ネットでは離婚で塚地さんとの関係も噂されています。

実家もお金持ちらしいのですが真相を調べてみました。

Sponsored Link

 

木村多江は不幸だけどお嬢様?

木村多江 旦那

優木まおみ旦那の年収は少ない!?本名が在日?整形とすっぴんは?

まずは木村多江さんの簡単なプロフィールを。

本名:木村多江
生年月日:1971/3/16
出身:東京都江東区
血液型:A型
身長:162cm
学歴:白百合学園小中高⇒昭和音楽芸術学院ミュージカル科

実家はお金持ちだと言われております。

それは何故か?

学歴を見て頂くと分かるのですが、白百合学園は名門のお嬢様学校として有名です。

しかも、木村さんはどことなく気品があるというか、しゃべり方一つとっても非常に上品です。

さすがお嬢様だけありますね。

つまり実家もある程度お金持ちだったと思います。

 

そんな生粋のお嬢様の木村さんですが、親のスネをかじっていたわけではありません。

高校を卒業した後は、バイトをしながら舞台に勤しんでいたようです。

実家に頼らないところがとてもストイックですね。

実家と言えば家族構成はどうなのでしょうか。

父の存在

Sponsored Link

能年玲奈の彼氏は福士蒼汰ではなかった!?白目で放送事故レベル?

木村さんの父と母と弟がいます。

ただ、父親は木村さんが21歳の時に急死しています。

父は娘には大学にいってほしいと思っていたのですが、木村さんは役者をしたかったので専門学校に進学しました。

父はそのことにもかなり反対して、喧嘩が絶えなかったようです。

 

喧嘩が続いた中での父の急死に、木村さんは自分に原因があったと攻め続けました。

ずっと自分は不幸だと思い続けて生きてきました。

 

故に木村さんは不幸な役が似合うのではないでしょうか。

ドラマや映画でも大体病気で亡くなる役か、殺害される役ばかりなので。

旦那と子供は?

木村多江 夫

コアラ現在は芸能事務所の社長?離婚と解散の原因は?ニコニコに!?

木村さんは2005年6月26日に、電通社員と結婚しています。

旦那さんは素朴で優しい人らしいです。

なんでも、家事や育児をよく手伝ってくれるらしく、お弁当なども作ってくれるそうです。

家ではあまり仕事の話をせずに、家庭を大事にしてくれる旦那さんです。

 

前にネットで離婚と騒がれたのですが、離婚はしていません。

誰かがウィキペディアに離婚というガセ情報を載せて、それが広がってしまっただけです。

2008年2月23日に女の子を出産しており、夫と娘と仲良く暮らしています。

今後も離婚の心配はなさそうです。

 

二人の画像がないか調べたのですが、やはり一般人なので画像はなかったです。

ただ、何かの番組でもしかしたら画像が出るかもしれませんね。

 

また、木村さんはドランクドラゴンの塚地さんのファンで、テレビで塚地さんが出てくると、嬉しいみたいです。

ドラマで共演してすごく素敵に思ったと言っています。

ちなみに共演したドラマは「いつもふたりで」です。

坂口憲二さんと松たか子さんが主演のドラマです。

このドラマの打ち上げで塚地さんの連絡先を聞きたかったそうなのですが、用があって行けなかったみたいです。

もし今の旦那と出会っていなかったら、と発言しており、先に塚地さんと付き合っていたら、結婚してたかもしれませんね。

 

塚地さんはももクロの大ファンで有名ですが、木村さんは「6人目になりたい」発言をしており、相当塚地が気に入ってるらしいです。
木村多江 塚地

ももクロと言えば、元ももクロメンバーのこの子は今?
柏幸奈の今後は?卒業理由は大学?彼氏と変顔?ももクロ脱退とは?

東京島って?

木村さんが主演の東京時という映画があります。

キャッチコピーは、

無人島に漂着した、23人の男と、ひとりの女。ここは、地獄か楽園か──。

という、何とも面白い設定です。

こちらに予告編もありました。
東京島予告編

木村さんの泥臭い演技や、濡れ場シーンも見所の一つです。

濡れ場と言えばこの人も。
桐谷美玲が押し倒された!?濃厚キスと胸まさぐり画像!肌荒れも?

まとめ

今回の記事をまとめると、

  • 旦那は電通で木村さんはお嬢様だった。
  • 離婚はないが、塚地さんの大ファンだった。

ということでした。

不幸系人物役が多いですが、明るい役もぜひやってほしいですね。

木村多江さんの今後に期待です。



Sponsored Link


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?
もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す




*