ユーチューバー養成講座の参加費はいくら?親も一緒に行っていい?

最近、小学生向けのユーチューバー(You Tuber)養成講座がテレビや雑誌などで紹介されています。

ある生命保険会社の調査によると、ユウーチューバー(You Tuber)は、中高生のなりたい職業の
第3位にもなり、ユーチューブは今や、青少年にとっての身近な情報ソースになっています。

ユーチューブ(You Tube)とは、2005年12月に提供が開始された動画共有サイトのことで、オンライン動画配信サービスのことです。

音楽のミュージック・ビデオなども広く配信されていますよね。

Sponsored Link

統計によれば、ユーチューブは、日本では、月間4,000万人が、パソコンから利用している計算になり、一人あたりの滞在時間は、月、130分を超えています。

日本では、パソコンよりもスマートフォンから、ユーチューブにアクセスする方が多いので莫大な数の人が利用しているわけです。

一方で、ユーチューバー(You Tuber)とは、ユーチューブ(You Tube)上で、自作の動画を投稿し、広告収入を得ている人たちのことです。

平均収入は、700万円を超えているという統計もあります。

ユーチューバー養成講座の参加費はいくら?

ユーチューブ養成講座は、動画の撮り方や編集のしかたを実際に学んでもらい、ユーチューバーとしての必要な表現を学べる講座です。

小学生に向けた教育サービスを展開する「FULMA(東京都港区)」では、1講座を2時間または3時間で設定しています。

2時間の講座費用は、3,240円
3時間の講座費用は、5,400円

です。

同社は、現在、全部で8講座を開設していて、インターネットから募集を受け付けています。

「リアクションのとり方」から「動画の撮り方」、「サムネイル画像の作り方」など、基本的なことが学べる講座です。

毎週、決まった曜日に通う学習塾や、ピアノ教室のようなシステムではありません。

*FULMA株式会社
住所:東京都港区南青山2丁目2番15号 Win Aoyamaビル UFC9階
https://www.fulma.co.jp/

親も同伴で参加してもいいの?

Fulma㈱の「You Tuber Academy]が主催している養成講座では、You Tube動画のアップが完了すると、保護者を交えて鑑賞会を行っています。

子供たちが作った作品を親子で鑑賞できるシステムになっているんですね。

更に、体験会で作成したYou Tube動画は、URLを知っている人だけが閲覧可能となるシステムにしています。

ユーチューバー養成講座は信頼できる?

小学生が、ユーチューバー講座に通うことに賛成の意見ばかりではありません。

インターネットに掲載されている意見の中には、次のようなものもありました。

(反対意見)
・「親が知らないうちに、子供がユーチューバーになっていて、全国顔出しで叩かれていることを、知人から知らされるようなことが起こるのではないか?」
・「将来の夢がユーチューバーというのは、さすがに反対だ。」
・「子供が、動画撮影から編集、アップロードまで行うのは、非常に危険だと思う。」
・「違法なことをしていないか、汚い言葉を使っていないか、人を批判していないかなど、親がきちんとチェックする必要があると思う。」

*小学生の子が、ユーチューブを操作することや、発信者として、きちんとしたモラルが身につくには、まだ、早いのではないかという意見のようです。

(You Tuber講座主催者側の想い)
前述の講座主催者、FULMAの話によれば、「この講座は、ユーチューバーになるための養成所ではありません。また、子供がユーチューバーとして食べていってもらうことを目指したものでもありません。」

「子供達が、〖やってみたい!〗と思うのに、それを提供できる環境がない。

というもののひとつが、ユーチューバーだった。」としています。

小学生の中に〖ユーチューブを作ってみたい。〗というニーズがあったからこそ、講座を作った。ということです。

小学生に人気のある習い事に、「水泳」、「体操」、「ピアノ」、「サッカー」、「ダンス」、「空手」などがありますが、子供にとっても、親にとっても、必ずしもプロになるために、習い事に通ったり、通わせているわけではありません。

「小さいころから、パソコンなどの知識を持ってもらいたい。」という親の願いもあれば、「子供が興味を持ったものを子供に習わせてあげたい。」という親の願いもあります。

ユーチューバー(You Tuber)の養成講座も、きっかけとしてよいのではないでしょうか?

まとめ

ユーチューバーの養成講座は、他の伝統的な習い事と違って、極めて新しい習い事のひとつです。

今後、全国的に普及していくものかどうかは、わかりませんが、時代とともに習い事の種類も変わっていくのかもしてませんね。



Sponsored Link


記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?
もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

コメントを残す




*